強がりでもいいじゃん前向きにいこーぜ。
日常に転がる小さなキモチたち。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< さよならがキライ | main | 日常(一歩先は暗闇、それとも光) >>
トンネルの先には魔法

苦しい時が僕らを作るよ

もうやめようかな やっぱりできない

このままでいいのかな 他にもっといいことあるかもな

どれを選んだとしても

答えはない成功などない

正しかったのかは今は分からない

 

苦しい時が僕らを作るよ

今の僕は過去の歴史の上にある

あの時やめないで良かった

やっぱりできたんだ

そのままじゃダメだったんだ

他にはいいことなんてなかったんだ

 

どれを選んだとしても

その道を成功に変えていけばいい

少しずつずっとが

一番遠くまで飛べる方法なんだ

 

出口の見えないあのトンネルの先には

ふわりと飛べる羽根があったんだ

その時には分からないかもしれない

若さとちょっと似たような感じ

今は分からなくとも

悩み苦しむその先に

魔法のように輝く一日がきっとある

 

 

早くに出世する同級生が羨ましくて

今の自分を蔑んだりした

夢を叶える仲間を見て

今の自分は何なんだと思った

人と比べることも大事

だけど一番比べるべきは昨日の自分

せっかく歳を取るならば

昨日の自分より良い自分でありたい

昨日より優しい笑顔でいられる

今日の自分でありたい

 

トンネルの先には

もっと苦しいことがあるかもしれない

トンネルの先など

もしかしたらないのかもしれない

けれど希望を持つ

それこそが人間だ

期待するからこそ失望があるんだ

 

ただやるべきことはシンプル

謙虚でいること 笑顔でいること

挨拶をすること 褒めること

手伝うこと 喜ぶこと

祈ること 綺麗にすること

報いを求めないこと

目の前の人の為に尽くすこと

 

可愛がるのは

一番最後に自分で良い

 

 

苦しい時が僕らを作るよ

トンネルの先には魔法

ふわりと少しだけ遠くへ飛べる羽根

苦しい時にどれだけ頑張ったか

涙をこらえて頑張ったか

それが今の僕作る

 

報われて

ああ良かったって

うっすら涙して

またすぐそこの未来へ

力を注ぐ

 

それが人生

なのかなって

想うのです

 

 

----------------------------------------------------------------------

 

20代の頃は。

 

詩をよく書いていて。

18の頃に始めた詩作だけど。

大人になってからも、ずっとやめないって思ってました。

 

 

どんどん大人になって。

仕事の割合が増えてって。

一日が、生活が、人生が。

仕事に染められる割合が多くなってきました。

 

 

仕事=夢

 

 

そんなだったら、よいけれど。

 

 

仕事=現実

 

 

 

な感じな人生で。

 

 

 

 

どんどん、感受性と言うものが薄れていき。

 

 

 

詩を書く人なのだけれど。

 

 

 

 

詩を書く頻度が減ってきました。

 

 

 

もう詩人とは、呼べないな(笑)

 

 

 

 

かつては出版社の出版企画に合格して。

「青春Walker」(アルファポリス出版)

という書籍を全国出版するまでになったけど。

 

 

 

1,000部程しか売れませんでした。

 

 

 

その後はphotobackで冊子を作ったりして。

ポストカードも本格的に始めたりしました。

 

ここ1年は、詩は書くけれど、作品をつくらない日々で。

37にもなると、もうキラキラしたあの気持ちはなくなるのかな?

なんて思います。

 

芸能人でも、作家でもないけれど。

 

言葉を紡ぐ人間として。

 

 

このブログだけでも、頑張ってやっていきたいと思います。

 

 

 

 

少なからず、見てくれている人もいるわけで。

 

 

 

 

作品も、少しずつやっていきたいと思います。

 

 

 

今年は、2018年は。

 

 

人生の節目の年となりそうで。

ようや人並みになるかなーと思っています。

 

 

そしたらきっと、作風も変わるかな??

 

 

 

14歳の頃に詩を書き始め、

18歳の頃にHPで詩を公開し、

23歳の頃に自費出版をし、

25歳の頃に初の個展を開催し、

27歳の頃に全国出版をし、

33歳の頃に地元に戻り、

ポストカードやリトルプレスを販売しました。

 

 

もう4年か。

 

 

 

 

今しか感じられない言葉を。

今しか書けない言葉を。

 

 

 

何かの形にして残し、

皆様のお手元に、お届けできればと思います。

 

 

 

mush、西村和也として。

 

 

 

まだまだ詩を書き続けます。

 

今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

----------------------------------------------------------------------

 

 2018.02.11

 小沢健二「アルペジオ(きっと魔法のトンネルの先)」とmush

 

----------------------------------------------------------------------

 

COMMENT









Trackback URL
http://blog.ishindenshin.chu.jp/trackback/1067954
TRACKBACK