強がりでもいいじゃん前向きにいこーぜ。
日常に転がる小さなキモチたち。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お前スゲーじゃん | main | 会いたくなる >>

人生にはタイミングというものがあって

自分では選べない掴めないものがあるんだ

子供の頃描いた大人の自分は

24歳で素敵な人を見つけて結婚している筈だった

 

自分の想い通りに行動して引き寄せる人がいれば

自分の想いとは程遠い場所にいて頑張ってる人もいる

 

恋とは二人を選ぶということだ

愛とは二人以上を選ぶということだ

 

 

厄年を過ぎてもう学生時代とは同じ心だと

言えない場所に来てしまった

もう若くはないけれど

まだ何でも出来る 人生を変えられる

今が一番人生で若い時

だから今ならば変えられる

自分の想い通りに少しはできる

 

遅いとか早いとか

短期決戦なら必要かも知れない

でも僕らはこの変わりゆく時代

答えなどないと知る

 

置かれた場所 然るべき場所

そこでどう咲くか

それが大切だと思う

答えなどなく

どれだけ自分が力強く進める道が

見つかるかどうかだと思う

 

恋とは ただ一生懸命に今を生きる

自分を貫き通した人の後ろに控える応援団

たった一人の力持ち

お互いに頑張る

お互いに癒す

お互いに励ます

お互いに許す

お互いに指摘し合う

お互いに認め合う

お互いに相手が最高の付添い人だと思い

 

勘違いしながら 間違いながら

失敗しながら すれ違いながら

たった一つのタイミングで出逢い

求め許し笑い話し合いながら

ゆっくりと確実に進んでいくものなのだと思います

 

運命の人

それはきっと

自分で作り出す

ものなのだと

思うのです

 

 

 

------------------------------------------------

 

 2018.01.15 平井堅「even if」とmush

 

------------------------------------------------

COMMENT









Trackback URL
http://blog.ishindenshin.chu.jp/trackback/1067951
TRACKBACK