強がりでもいいじゃん前向きにいこーぜ。
日常に転がる小さなキモチたち。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 春は颯爽と過ぎて | main | 心躍る毎日を >>
意思の向こう、ほんの少し先へ走る。

 

 遠くへ行こうどこか離れた遠くへ

 ゴールはきっとゴールテープのすぐ先

 1センチ先にあるから

 誰もがそこを目指していく

 目標のほんの少し先へ


 理由はいつもそこにあって

 なんとなくとかわけわかんねぇけど

 「なんか」のすぐ傍には

 それを強くも弱くも動かす何かがある


 その連続で今僕はここにいる

 意思と選択と決断と行動を通り抜けて

 今ここにいる


 意思の向こうほんの少し先へ

 僕は走る

 たどり着いた場所はゴールではなく

 また何かが見える

 もしかしたらゴールなどないのかもしれない

 そこにあるのはただひとつ

 また新しい『つぎ。』さ


 好きなものは好き

 嫌いなものは嫌い

 人とはもう比べない

 自分に『ちょうどいい。』を探して

 今日も僕はゆく


 意思の向こう

 ほんの少し先へ

 僕は走る



-----------------------------------------------------


久しぶりに、会う家族。

笑う時間があることは、とってもいいことですね。


「久しぶり」を過ごすと、その間に流れる時間を感じます。


速いなぁ

もうそんなに経ったのか

とか


時間に関する話は尽きません。



その一方で、今を生きる僕ら。


自分の立ち位置や、その間にしてきたこと、

変わったこと、変わらなかったことを。

色々と思います。



4年ぶりに地元へ戻ってきて、

街や友に、その時間の流れを感じるけれど、

ふと自分自身の中身を振り返った時、

その積み重ねを知ることができます。


無駄なことなど、ひとつもないなぁ。


そのことを身に染みて感じます。


もちろん、覚えていないようなことや

思い出すだけで気分が悪くなるような

いやーな思い出もあります。


でも、マイナスではないはず。


4年という歳月は、僕を本当に大きくしてくれました。

その中のいろんな準備が、今実を結ぼうとしていて、

たまたまかも、タイミングが良かっただけかも知れないけど、

運よく多くのことを実現させることができました。



今日、1ヵ月ぶりにランニングをして。

純粋に、走ることは楽しいなぁと思いました。


やっぱり好きなんだなぁ。

だからずっと、続けてきたんだなぁ。

いつでも人生の傍を流れる川のように、

寄り添ってくれています。

ピンチもチャンスも、すべて一緒に乗り越えてきました。


そしてこれからも、走り続けます。



走ること。

詩の活動。

運動指導。

夢は沢山あります。

叶えたいことが沢山あります。

実行に移すことが、今の自分のテーマです。



いつも想いは、ほんの少し先の未来を見て。

頑張りたいと思います。


-----------------------------------------------------

 2014.05.06 mush

-----------------------------------------------------

COMMENT









Trackback URL
http://blog.ishindenshin.chu.jp/trackback/1067876
TRACKBACK