強がりでもいいじゃん前向きにいこーぜ。
日常に転がる小さなキモチたち。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
目に見えないもの

グラウンドに座り込んで探した四葉のクローバー

大人ならもう帰ろうよっていう時間になっても

幼い頃の僕は「もうちょっと」と言って

見つかるまで帰ろうとしなかった

 

どうせ無理だって

集まりっこないって

諦めてしまう自分がいて

つまらない大人になってしまったなぁって

思う時がある

 

夢とか希望とか絆とか愛とか

目に見えないものを

どれくらい信じて進むかどうかなんだ

未来は目に見えない

だからこそどんな風にも

変えられると思うんだ

 

子供の頃描いた大人はスーパースターだった

大人って 子供に夢を与える存在じゃないの

大人って 子供の質問に何でも答えられる存在じゃないの

大人って 子供の模範となる存在じゃないの

大人って 偉そうにするんじゃなくて

子供を納得させて涙させるくらいの

説得力がある大きな存在なんじゃないの

 

ただ歳を取っているから

身体が大きいから

叱れば言うことを聞かせられるから

大きな声で締めることができるから

大人をやってるんじゃないよね

 

子供の描く未来は

目に見えないもの

もう僕らの想像を超えている

子供たちの未来は

分からないじゃなくて

僕らの腕にかかってる

 

目に見えないもの

夢や希望や絆や愛を

大切に思う心を

育てていかなくちゃいけないって思う

 

その為に僕が出来ることは何だろう

たったひとつだけ言えることは

僕がその夢を希望を絆を愛を

子供達に見せることなんだと思う

 

グラウンドに座り込んで探した四葉のクローバー

見つけた人が幸せになると言うけれど

見つけるまで根気よく探した

その諦めない姿勢が

頑張り続ける心が

誰かの心に映って

いつかその人に

幸せというカタチになって

返ってくるんだと思う

 

真面目に

愚直に

謙虚に

何度も

誘惑されようとも

その道を行く

四葉のクローバーを

ただ探す

 

目に見えないからといって

その可能性を消そうとしないで

必ずあると信じて

歩むその姿こそ未来なんだ

 

未来は僕らが作り出すもの

目に見えないものを作り出すのが

人間の役目なんだ

そう思い今日も歩いていきます

 

 

 

------------------------------------------------

 

ダメな僕も

今の僕は見ているけれど。

 

それを含めて全部。

僕なんだと思う。

 

サイアクだとみっともないとか。

 

そんな自分を認めてあげること。

 

それが大事なのだと、

最近学びました。

 

ダメな自分も自分なのだと。

可愛い部分なのだと。

認めてあげると、心が楽になる。

だからどうすればもっと良くなるかって

考えたりする。

 

 

詩を書くことも、随分しなくなって。

どんどん心が汚れていったんじゃないかって、

すごく不安になったり。

変化するものだけれど、人間は。

 

その中で、変わらないものを。

探したくなるのが大人さ。

 

本当は変化なんかなければ良い世の中なのだけれど。

本当は変化がないと愚痴を言うような存在なのだけれど。

やっぱり人として生まれた以上。

変わっていかなければ、生き残れない。

 

四葉のクローバーなんて、見つかりっこないと。

諦めていれば、もう。

そこにあったとしても

その心には映らないわけなんだと思う。

 

目に見えないものを

大切にしよう誰かに伝えよう

それこそが僕らの伝えなければならない

ことだと思う

 

 

--------------------------------------------------------------

 

 2017.11.26 槇原敬之「四葉のクローバー」とmush」

 

--------------------------------------------------------------

 

 

37

子供の頃想い描いた大人はスーパースター

何でも知ってて何でも出来て

何でも分かってくれて

何でも叶えてくれて

出来ないことはない存在

それがスーパースター

 

それが大人になるにつれて

どう生きるかで大人っていう存在が

決まるって分かったんだ

夢って何だろう

夢って叶うんだろう

夢って大きいんだろう

夢って悩みそのものだろう

 

この歳になって後悔することがある

涙することがある

やり直したいこともある

叶えたい夢がある

恥ずかしくて言えないことがある

苦しくて引き帰したいと思ったことがある

 

初めから全ていくなんて思ってないけど

上手くいかないともう辞めようかなって

心の奥底からもうダメだって

悩んで悩んだこともあったでしょう

 

それでも人生

それが人生

あれほど悩んだことも

今日は少しでも良かったって思える

 

子供の頃想い描いた大人は

悩みもなくて出来ないことなんてなくて

誰かを瞬時に助けられるスーパースター

だけど現実はそうじゃなくて

悩んでもう辞めようかって思って

出来ないことばかりで

誰も助けられなくて

ただ自分に愚痴ばかり言って

昔思ってたよりも子供で

どうしようもない大人だったんだ

 

それ全て受け止め

歩いていく

諦めないことやり続けること

「少しずつ、ずっと。」が

一番遠くまで飛べる方法だって知ってるよ

貴女の言葉を貴女の想いを胸に

今日も笑って歩きます

今日も笑って走ります

 

今日またひとつ歳を取って

年輪のようにまたひとつ

出来ることを増やしていきたい

 

今日またひとつ歳を取って

年輪のようにまたひとつ

学び成長していきたい

 

明日こそは じゃなくて

今日のうちに やってみる

 

あの泣いた日があったからこそ

あの悩んだ日があったからこそ

あの落ち込んだ日があったからこそ

あの辞めようかなって思った日があったからこそ

あの辛い別れがあったからこそ

あの目を背けたくなる瞬間があったからこそ

 

今の自分がある

 

全ての瞬間に ありがとう

全ての出会いに ありがとう

全ての叱咤に ありがとう

全ての人に ありがとう

なんだ

 

今の自分に出来ることは

今の自分を越えること

周りの人たちを幸せにすること

一緒になる人を笑顔にすること

自分のことは放っておいても

目の前の誰かを救うこと

 

 

子供の頃描いた大人はスーパースター

それにはもうなれないけど

誰かの為のスーパースター

それにはなれると思う

夢を描き 夢を追う

夢を叶え 夢を伝える

現実はそう簡単じゃなくて

苦しいこと辞めようかなって思うこと

沢山あるよ

 

でも大人になってからも挑戦

挑戦の日々さ

知らないことの方が多い地球全体の世界

だから小さなことで愚痴ったり凹んだり

してる暇はないのさ

 

スーパースター

それはいつなれるのかも分からない

スーパースター

それはもうなれないのかもしれない

スーパースター

でも限りなく近づくことは出来る

スーパースター

それは全員じゃなくたった一人の為の存在

だったとしてもそれでいい

 

子供の頃想い描いた大人はスーパースター

それに近づけるように

今日もまた頑張る

今日もまた笑顔で行く

 

 

 

----------------------------------------------------------

 

 2017.11.06 中曽根泉「いつかあなたの夢が」とmush

 

----------------------------------------------------------

スーパースター

 

12歳の僕がタイムカプセルに埋めた手紙には

スーパースターになっているであろう大人への

期待が沢山書いてあったはずなんだ

 

24歳で結婚してて仕事は順調で

子供の質問に何でも答えることが出来て

頼りになるお父さんなはずだった

 

だけど今の僕はどうだ

想い描いた大人とは程遠い存在で

子供の頃の僕が見たら

一体どう思うんだろう

 

大人になって分かることは

勉強が大事だっていうこと

子供の頃に夢中になったことを

ずっと続けていたら良かったということ

あの恋を捨てずにいれば

幸せだったっていうこと

自分をかばう言動が増えるっていうこと

自分を変えることは難しいんだっていうこと

成功じゃなく失敗から学ぶということ

毎日続けることが一番の近道だっていうこと

若い頃の苦しさが先になって大いに役立つということ

家族は大切にしなきゃいけないっていうこと

どんな状況でも応援してくれる人がいるっていうこと

そしてその人を大切にしなきゃいけないっていうこと

後でスーパースターになっても

誰も振り向いてくれないっていうこと

 

今になって分かることばかりさ

そうやって大人になっていく

そうやって子供に教えることができる

 

スーパースターになっても

何も変わることのない僕さ

スーパースターになれなくても

何も変わることのない僕さ

スーパースターになってから

迎えに行っても もう遅いだけさ

 

子供の頃に描いた大人になる必要はないけれど

大人になってから描いた夢は叶えようと思う

口に出して十回

そうすればきっと叶う

 

これからどうすればいいのか

これから僕はどうすればいいのか

良いも悪いもない

正解も不正解もない

前と後ろはある

未来と過去がある

この人生を誠実に生きる

 

この人生を誠実に生きる

 

 

 

--------------------------------------------------------

 

 back nunber「スーパースターになったら」とmush

 

--------------------------------------------------------

 

 

SHE SAID

転校生だった僕は 高い場所から自己紹介をした

その時君を見つけてびっくりした

朝の挨拶当番 君の地区が来るまでずっと待ってた

今でも会うとキュンとくるけど

もちろんもう手の届くはずのない所へ行っちゃって

でも2年に一度くらい会うと

変わらない瞳で見つめてくれる

永遠ってもしかしたらあるのかって思うんだ

 

同じ部活だった君は雲の上の存在で

当時は全国区のスターだった

僕はグラウンドをぐるぐる回って走ってるだけの

落ちこぼれ部員だった

鉄アレイを君から渡されただけで

力が湧いて少しだけ頑張れた気がしたんだ

 

高校生になって少し自由を手に入れて

好きになった君は

親友が好きになってた人だった

サッカー部のマネージャーで

僕の部室の隣にあってチラ見してた

けれど君の好きな人はすぐ近くにいて

それはもう皆知ってて

皆が認める素敵なカップルで

遠くでただ出来るだけの笑顔で

会釈するしかなかった

 

都会に出て好きになった人は

たった一人 たった一人だったけれど

一番僕に合った人だったかも知れない

もう僕の独りよがり我侭で

バカみたいな理由で消えていったけど

あの時は本当にごめんね幸せになってね

 

 

君は言った

「少しずつ、ずっと。」が

一番遠くへ飛べる方法だって

 

僕はその言葉を胸にずっと走り続ける

まだその時ではないかも知れない

もうその時は来ないかも知れない

 

走り続ける

真っ直ぐ

それが僕だから

 

 

鏡の前 睨んでみる

ちょっと後ろを 振り返ってみる

何が正解で 何が間違いか

そんなの人生という舞台の上では

よく分からない

きっと誰も決めることなんて出来ない

 

だから僕の選んだ道を

僕の歩んだ道を

僕の愛した道を

僕の辿った足跡を

成功に変えて行けばいい

そう思うんだ

 

 

通ってきた君

別れちゃった道

人生に失敗はあれども

人生に間違いなんてない

 

「少しずつ、ずっと。」が

一番遠くへ飛べる方法だって知ってるよ

君はもう覚えていないかも知れないけれど

僕はその言葉を胸に生きていくよ

 

もう会えないだろうけど

その恋があったから

今の君に会えた

そう思うことにしよう

 

僕は君だから

 

 

 

 

------------------------------------------------

 

 2017.09.15 大橋トリオ「SHE」とmush

 

------------------------------------------------

She

人生は我慢だし

そろそろ決めないといけないし

I just choice the she

 

君は独りだし

僕はもう退屈だし

そろそろ決めないといけないし

I, see.

 

特別なものはないマイライフ

何を起こせるわけでもない日々

たった一つだけ叶えられるならば

どうか出会う人たちを

ここから幸せにしてください

 

あの日出会った君が運命の人なのかな

考えれば考えるほど何も出来なくなる

考えるよりまずは行動だ

I see... 考えるよりもまずは行動だし

 

行くしかないし

やるしかないし

進むしかないし

言うしかないし

攻めるしかないし

 

どれだけの勇気が僕にあるのだろう

どれだけの奇跡がこの先起こるのだろう

 

 

友達と同じでなくていい

だけど少し焦る自分もいて

平凡がもしかしたら一番かもって

思ってしまうんだ

でもこんなもんじゃないだろう

僕は何かを成し遂げよう

笑われても

ダメだと言われても

遅いと言われても

それが僕のタイミングなのだと

 

特別なものは要らないマイライフ

たった一つの幸せがあればいい

喜ぶ人の顔があればいい

最後になってよく頑張ったなぁと

思えるような人生であればいい

 

 

 

------------------------------------------------------

 

 2017.07.25 大橋トリオ「SHE」とmush

 

------------------------------------------------------

それでも青が好き

幸せって何だろう

どこにあるんだろう

このままかこれまで以上か

何をすれば僕は満足するんだろう

 

変えられなくて

だけど少しは変わらなきゃ

生き残れないワケで

望みは遠くにあって

歩くかどうかは僕次第なんだ

 

自分を変えるためには

好きなものや触れるモノを

選び直さなきゃいけなくて

それでも青が好き

無意識に選ぶその色が好き

許せない僕がいる

その狭間でもがく僕もいる

 

 

ワガママか個性か

濁るか光るか

罵声か喝采か

不幸か幸せか

そのどちらでもない今

安定か冒険か

選べずにいる僕がいる

 

例えどちらを選んだとしても

後悔のない歩き方をすればいい

その足跡を成功に変えていけばいい

 

それでも青が好き

無意識に選ぶその色が好き

許せない僕がいる

その狭間でもがく僕もいる

 

 

 

----------------------------------------------------------------

 

 2017.07.24 平井堅「ネガティブボーイ」とmush

 

----------------------------------------------------------------

One Fine Day Every Single Day

日々のメールや

日常のちょっとした会話のやりとり

相手への思いやりとか

その中で絆や気持ちが育っていくこと

それが一緒にいるということ

なんだと思う

 

君はそう言ってくれた

遠い街で頑張る姿

何年か振りに会って

また一段と素敵になってて

高嶺の花のままだけど

また一緒にいたいって思った

 

距離も時間もタイミングも

乗り越えてまた会えて

とても嬉しかった

ありがとう

 

雨男に晴れ女

今日は君が勝ったみたいだ

どんな一人の日も

心は晴れて笑顔でいたい

毎日を丁寧に生きて

自分に正直でいたい

君に会えない日こそ

綺麗でいたい誠実でいたい

カッコよくいたい想っていたい

 

片想いを恋と呼ぶのでしょう

街の中にはすれ違いが溢れ

叶わない想いが沢山あるよね

ある晴れた一日

どんな一人の日も

誰かを想い笑顔の一日にしたい

背筋をしゃんと伸ばし

右手に運命を左手に夢を

持って駆け足でいたい

 

ありがとう

もう一度会えたら

素直に伝えるよ

ありがとう

君は大切な人です

たった一人の大切な人です

 

 

 

-------------------------------------------------------------------------

 

 2017.06.26  PAX JAPONICA GROOVE「One Fine Day」とmush

 

-------------------------------------------------------------------------

決めろ人生

人は不完全だと言うけれど

僕はこれ程までに不完全なのか

駐車場に降り注ぐ外灯の光
君は小さく手を振り
少し納得のいかない顔で去っていった
これまでの人生
振り返るまでもないこの傾向
分かっているのに対策すら立てず
また繰り返す過ち
もう僕らは若くない
甘酸っぱい時は刹那のように過ぎて
苦い現実が毎日のように押し寄せる
責任を責任を負う時が迫る
また逃げるのかもう逃げないよ
仕事も家族も恋もその先の未来も
もしもあの時の君と一緒に居続けたのなら?
この今の僕の感情は存在したのだろうか
この今の僕の立場は存在したのだろうか
やり直しはできない人生
巻き戻しはできない人生
不安しかないと言った僕に
誰がついてきてくれるのだろうか
人は不完全と言うけれど
僕はこれ程までに行き遅れた人間なのか
自分を正すのはいつだって自分なわけで
君を幸せにするのはもう僕しかいないわけで
ここまで最後にならなければ
火事場のクソ力は出ないわけで
尻に火がつかなきゃ何にもやらないわけで
もうそれで充分だろ
結局は自分が傷つかない方法ばかり
考えてたんだろ
いつまでも平行線を期待してたんだろ
決めろ人生
意思は言葉を変え
言葉は人を動かす
その意思がどこまで本物かにより
その人生の笑顔の質が変わる
その人生がもう決まったものなのなら
流動的だとしてもそうなるべきものだとしたなら
遠回りだったとしても
それを僕は受け入れよう
というよりも君を幸せにしよう
君と君の小さな恋人を幸せにしよう
逃げてきた僕の人生
決めることを避けてきた人生
誰かが決めてくれるだろうと思ってた人生
決めるのは僕だ
決めるのは僕なんだ
------------------------------------------------------
 彼女に迫られたその夜。
 小沢健二の新曲と共に。
 もう決めなきゃ。
 人生を、決めなきゃ。
 2017.2.21 小沢健二「流動体について」とmush
-------------------------------------------------------
エクササイズ

人を愛するための条件とか

そんなの考えたこともなかった

若い頃はっていう歳になって

もうあれこれ考えちゃって

 

大人になるってどういうこと

どんどん出来ることが増えるってこと

子供の頃はそう思ってた

なんだか大人になっちゃって

心はまだまだひょっこで

時だけが僕を置き去りにしたんだ

 

そんなに難しく考えないで

来た球を打てばいいんだ

困難も幸福も問題もラッキーも

全て自分が作り出したもの

目の前のことに嘘をつかずに

手を抜かずに先送りせずに

今精一杯やれば

さっきまで考えてた条件なんて

ふっと吹き飛ぶ

 

毎日はエクササイズ

心を鍛えるエクササイズ

笑って泣いて感じて叫んで

僕らはまたひとつ優しくなっていく

しっかりと栄養をとって

ぐっすり眠れば

どんどん出来ることが増える

夢見た大人になっていく

 

 

-----------------------------------------------

 2017.02.14 大橋トリオ「DOLLY」とmush

-----------------------------------------------

今宵、花束を君に

 

久しぶりに好きになった人

人見知りでぎこちない笑顔

好みとは違うロングヘアー
出会って間もないけれど

小さな恋人がいて

もう7年も経っていて
僕なんかよりもずっと先輩で
きっと苦労もいっぱい経験して
簡単にはいかないって分かってて
それでも笑って会ってくれた人
過去を好きになるわけじゃないよね
今の君を見ていいなって思った
恋愛の条件とかよく友達と語り合った
もうそれとは違う
説明も理由もない
吸い込まれるような
磁石みたいな
これを運命と呼ぶのか
言葉で言い表せないような引力
あのね言わなきゃいけないことがあって
私経験があって小さな恋人がいるの
その後口数が少なくなったことを許して
少し勘づいていたけれど
なんて言ったらいいか分からなかったんだ
最近そういうの多くて
きっと僕がその人を元気に笑顔に前向きに
することが使命なのかなって思った
条件とか周りの目とか世間体とか
もうどうでもいいくらい
毎日君のことを考えています
過去を好きになるわけじゃないよね
条件がどうのこうの言ってるやつはちっちゃいよね
ただ自分が面倒くさいからだけだよね
親とか地域とかの目を気にしてるだけだよね
そんなぴったりな人なんていないのに
逃げてばかりいたから見つからないんだよね
久しぶりに好きになった人
人見知りで二人っきりになると静かな人
好みではないロングヘアー
一回目で素直に話してくれた
気持ちに応えなきゃ
でもまだ何か引っかかってる
それでも笑って会ってくれた人
-----------------------------------------------------
 2017.01.10 backnumber「花束」とmush
-----------------------------------------------------